2018AW elf EL-8242 NylonBlouson

2018AW elf EL-8242 NylonBlouson

elfのラインナップでも永く、多くのライダーに愛されているナイロンジャケット、中でもこの8242はelfのイメージリーダーを担っているといても過言でないでしょう、これからの季節は二中暖かく、夜は冷え込む、というシュチュエーションにも脱着式インナーで調整嬉しい装備、蒸れも軽減できるベンチレーション機能を背中側にも持つ、そして、もちろんの防水仕様。

走りに向けたディティールも見逃せない、もしもの関節部分、片、肘には素材を変えて作られているので、もしもの転倒の衝撃を吸収してくれる、胸つけ根部分にはシャーリング加工を施し、全体の着心地やより忠実なハンドリングに向けても貢献している。

コーディネートで 合わせた新作グローブ、ELG-8281、本格ウィンターパンツ、EWP-8241、こちらも共に防水仕様でこの冬に向けて合わせて使用してほしい。

今期より新カラーオレンジも加わりました、国内外車にもマッチするEL-8242全天候型ジャケット。

冬に向けelfを冬のライディングライフに加えてみてはいかがでしょう。

MODEL Geordie.D

elf 2018 SS ELR-8291 Stretch Rain Suit

日本のモーターサイクルシーンにおいて、必要不可欠である雨の対策、ライダーにとってレインウェアの選択はセンスが問われるところ。
オシャレなレインが作りたい、と満を期して新たに加わったelfの新作、ELR-8291 Stretch Rain Suitの登場です。

アウターとして、タウンユースとしても十分に活躍してくれそうなデザインはバイクをともにせずとも様になってくれます。
また、ルックスだけでなく、レインウェアとしても耐水圧20,000mm透湿性1,0000g/㎡-24h というハイスペック仕様。  

ストレッチ機能をもつ生地は非常にソフトな感触[ピーチタッチ]と呼ばれます。
カラーも選べる4色展開、一度手にしてしまうともう手放せません!

EL-7246 2017 AW

elf
この3文字がどれだけのライダーの目に晒されているでしょうか、様々なモーターシーンにおいてそのネームは浸透しているブランドです。
ヨーロッパより生まれたelfは日本ではライダースギアとして皆様に親しまれ今期も年月、季節を越すとともに進化した17年モデルを紹介してまいります。

しっかりとしたライダースウェアとして進化したラインナップの中でもバイクを降りたシーンでの実用を兼ねたEL-7246 一昨年よりラインナップに加わったフード付きパーカーブルゾン。モデルチェンジを重ねた今期の製品では防水機能を備え、インナーとフードの脱着可能モデルです。
ラライディングシーンを守る要である背中プロテクターも標準装備。カラーもレッド、ブルー、ブラックのラインナップをリリースいたしました。

model DEAN

elf 2017 Spring & Summer EL7227LTD

モーターシーンに置いて最も馴染み深いelfのジャケットシリーズ、その中でも人気のモデルEL−7227LTD

これからの季節に欠かせないライダーアイテム、メッシュブルゾンの紹介です。

elfのロゴと共にブランド発足した年度でもある67のナンバーが目に飛び込んでくる、肩からの肘までに向かうラインは

デザインとしても斬新であり、シリーズ中でカラーバリエーションが豊富であるのも特徴です。

機能面でも抜かりはなく肩、肘、背中にソフトプロテクターを標準装備、反射板として機能する

立体ロゴワッペン、袖脱着モデルであることもこのシーズンのジャケット選びでは重要なアドヴァンテージになることでしょう

この袖チャックファスナーも肌に当たらぬよう配慮した設計になっていることも忘れずに記しておきます。

モデル/Steven.D